に投稿 コメントを残す

HP EliteDesk 800 G4 DMミニマシンディスプレイ

この機械は半年使用していますが、最近まで写真を撮る機会がありましたが、下の写真に不備があったらお気をつけください。 

製品構成

元の構成

  • ホスト:HP HP EliteDesk 800 G4 DM GPU
  • プロセッサー:Intel Core i3-8100T(4コア/6MB/4T/3.1GHz/35W)
  • ワイヤレスネットワークカード:IntelワイヤレスAC 9560、デュアルバンド2×2 802.11ac Wi-Fi、MU-MIMO + Bluetooth 5(内蔵アンテナ)
  • ディスクリートグラフィック:AMD Redeon RX560 4Gディスクリートグラフィック
  • M.2 NVMeソリッドステート:LGB30ZMV256G Toshiba SSD
  • メモリ:4GB 1X4GB DDR4 2666MHz SODIMMメモリ

構成を調整する

  • プロセッサー:i7-8700T公式バージョンのアップグレード
  • ソリッドステートドライブ:Linuxシステム用にPM981 256 M.2 NVMeソリッドステートドライブを追加
  • ワイヤレスネットワークカード:Broadcom BCM94352Zワイヤレス/ Bluetoothネットワークカードに変更
  • メモリ:Kefu 32G(16Gx2)DDR4 2666 MHz SODIMMメモリ

オペレーティング・システム


macOSカタリナ10.15.1

デスクトップレイアウト


  • 電源装置とケーブルをテーブルの下に隠し、ワイヤレスキーボードとマウスを使用して、非常にすっきりとしたデスクトップ効果を実現します。また、オリジナルの縦型スタンドを使用して、ホストをデスクトップの任意の位置に配置できます。
  • Broadcom BCM94352ZはワイヤレスとBluetoothを駆動でき、Apple BluetoothキーボードとマウスはmacOSシステムで完全に使用できます。
  • 拡張ポートでは、AMD RX560 4GまたはThunderbolt 3を使用できます。残念ながら、Thunderbolt 3には、Black Appleでのドライバーがまだありません。

ホストディスプレイ


  • ホスト自体の容量は約1Lで、幅は17.7 cm、奥行きは17.5 cm、高さは3.42 cmです。
  • ホストの標準構成には、1つの前面USB Type-C 3.1 Gen2インターフェース、3つのUSB3.1 Gen1インターフェース(前面1背面2)、3つのUSB3.1 Gen2インターフェース(前面1背面2)、2つのDisplayPortインターフェース、1 1つのRJ45ギガビットイーサネットポート。
  • カスタム拡張ポートを選択できます:オプションのRX560のみ、Thunderbolt 3、USB Type-C 3.1 Gen 2、DP、HDMI、VGA、シリアルポート。

AMD RX560を装備した場合の機体の後部および上部

Thunderbolt 3拡張ポートが組み立てられたときの胴体の後部と上部

アクセサリーディスプレイ


HP DMミニスタンド垂直スタンド

  • 垂直ブラケットの内側には、緩みを防ぐためのゴムパッドがあります。

ホストの分解


  • 機械後部の固定ネジを工具なしで緩め、上部カバーを簡単に開けることができます。

AMD RX560 4Gでスタンドアロン

  • 単独で使用すると、2番目のM.2ソリッドステートをインストールできません。
  • スタンドアロンディスプレイとペアにした場合、Thunderbolt 3拡張カードおよびその他の拡張カードは、シャーシの背面にある拡張ポートが使用されているため、インストールできません。
  • CPU TDP仕様によれば、HPマシンは35W、65W、および95Wに分割され、そのうち35W仕様のみがスタンドアロンディスプレイおよびスタンドアロンPCIインターフェイスでインストールできます。友人には65W仕様がありますが、これにはPCIインターフェースがありませんが、空のはんだ付け位置しかありません。ただし、35Wおよび65WはThunderbolt 3拡張カードをインストールできます。(95Wでは画像情報を確認できません)
  • グラフィックカードのメモリにシリコンペーストが欠けています。これはピットファーザーです。

Titan Ridge Thunderbolt 3拡張カードを使用

  • Thunderbolt 3では、2番目のM.2ソリッドステートをインストールできます。

その他のコンポーネント

マザーボードのクローズアップ

  • 35W低電圧CPUとの関係だけかもしれませんが、電源部に明らかな空の溶接箇所があることがわかります。

他の部品の分解

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です